FC2ブログ

Shuyin

Bykjole


「Shuyin(FINAL FANTASY 10-2)」


ちょっとした空き時間を利用して、久々にFF絵を描きました。
shuyin(シューイン)本体は2時間程度、その他諸々含めて
総制作時間は3~4時間ほど。良い気分転換になりました。

ワンピ絵を描くときとは、アプローチの仕方が全然違うので
完成させるまでが大変なんですけど(特に下書きが;)
とても新鮮で楽しめます。

チョット髪長いな…。もう少し短髪の方が良かったかも。

No! You are not Lenne!
Don't try to tell me you understand...

この一連の台詞が印象に残っている、FF10-2のラスボス
思考が、ややセフィロス(FF7)寄りです。
10ではシーモアがそのポジションでしたが、10-2では彼。

彼は、1000年前のザナルカンドに実在した人物であり
祈り子によって召喚された「夢の世界の住人」、「ティーダ」のモデル。

ティーダとジェクト(親父)は、祈り子の夢、すなわち
スピラ(FF10シリーズにおける、世界の名称)には実在しない
「幻」の存在であるからして、祈り子は1000年前に実在していた
ザナルカンドの青年「シューイン」をベースにして
「ティーダ」という、一人の男性を創り出したとされる。

たまに思い出さないと、訳がわからなくなります(笑)

FF10で「祈り子の夢」を自ら終わらせたことで、存在が消えてしまった
ティーダですが、FF10-2では、条件次第で曖昧に復活。
そのデータで「ラストミッション」をプレイすると
ユウナから、彼との惚気話を聞かされます聞くことができます。

10-2はマルチエンディングなので、コレという答えがありませんが
(100%コンプリートエンディングでも、真相は曖昧)
人それぞれの解釈でいいのかな。
10のラストもそんな感じで、納得できない部分も多々ありましたし。

それでもやっぱり、10-2大好きです。



関連記事
Share

Comments 1

There are no comments yet.

シキ

クラとスコを足して2で割った感じな容姿?(笑

お久し振りです。
2日間の寝不足で葬儀に出席して、危うく私が逝きそう行きそうになってました(夢の国へ)

FF10(10-2)はストーリ的には面白そうなんですよね。
ゲームとしては微妙だと言われていても(禁句)

それにしてもFFのヒーローってのは、どうしてこう…女性キャラに対してヘタレ尻に敷かれる設定が多いのだろうか(フェミニスト?)
おまけに、ヘタな女性キャラより恋愛感情に鈍感で初心…乙女か!(笑
と、色んな事を言っても、やっぱり私もFF大好きなんですよねぇ。

機会と時間が有れば「キョウレさんと合作とかしてみたいな」と、ほざきたいシキでした(笑