BARI-3-KENGAI

イラスト・ゲームレビュー・雑記。脇役敵役偏愛。名族の威光に平伏すが良い!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

クリクリプレイ記録1

知らない人がタイトルだけ見たら、一体どんなプレイを
妄想するのだろうか。

変態発言はさておき
「FF10-2・クリーチャークリエイト(略してクリクリ)」関連を
久しぶりに。なんか続きそうなので、念の為「1」とした。


クリーチャークリエイト・魔物コロシアム「異界カップ」にて
外界からの使者」(別名:マヨル・ヌメルス)を
アビリティ不十分なクリーチャー「バラライ一人で撃破
その余勢を駆って、たった一人で異界カップ優勝

別に最初から狙っていた訳ではなく、単純に好きなNPC達で
トーナメントに参加して遊んでいただけ。

しかも、初戦でいきなり「外界からの使者」と対戦することになり
リセット覚悟で適当にプレイしていたのですが…
ロクに育成していない「バラライ」一人で倒してしまった上に
決勝で「トレマ」を破り、異界カップまで制覇してしまいました。
単なるお遊びだったのに、ちょいとビックリ。
と同時に、「覇弾」と「隠し英雄の薬」の性能に乾杯。


以下、そのときの詳細データです。
装備やアビリティを見ればわかると思いますが、攻略を主とした
ものではありませんので、参考にしないで下さい



鬱陶しい「マヨル」「すべ越え」「トレマ」と立て続けに
対戦する羽目になるとは思わなかった。

●バラライ in 異界カップ 詳細データ

PT:バラライ(Lv88・回避率除き、全ステータス255)のみ
HP:20870
アビリティ:戦う、隠し英雄の薬、ホワイトウインド、覇弾、不動掌
リザルトプレート:「最後の手段」
ドレスフィア:きぐるみ士
アクセサリ:成功の秘訣、アダマンタイト
ATアビリティ:HP・ダメージ限界突破、オートウォール、リボン、MP消費0


初戦:外界からの使者
★を調節して「隠し英雄の薬」使用を待つが、使ってくれない。
ラディス・コマンド」で全滅寸前に追い込まれたが、タイミングを
見計らって★をゼロにしてダメージ減少、奇跡的に瀕死で逃れる。
★1つを維持して「ホワイトウインド」でHPを回復させる。
中盤で、ようやく「隠し英雄の薬」を使用(★3、5で頻繁に使う)
その後は★5つで「覇弾」連発、定期的に「隠し英雄の薬」を
使用し続けた結果、なんとか撃破。
時間は計測していないが、20分程度費やしたと思われる。


準決勝:「マスター・オブ・スピラ」
コイツは、MPが0になると「すべての戦う者へ」が使えなくなる
「不動掌」で相手のMPを0にしたら、もの凄くマヌケな敵に変身(笑)
その後は「覇弾」と通常攻撃のみで、アッサリ撃破しました。
途中で「隠し英雄の薬」を使用していますが、未使用でも問題無し。
余談ですが、覇弾で攻撃すると、大事なアソコにクリーンヒット。
少し笑えました。


決勝:トレマ
★を調節して「隠し英雄の薬」を使用させ、後は「覇弾」連発。
もう、ひたすら「覇弾」で粘り勝ち。
無敵ではない状態で「メテオ」を使われた際には
瀕死に追い込まれたが、「ホワイトウインド」で何とか立て直す。

それにしても、回復手段が「元気」と比べると非常に不便。
全体回復としては優秀だと思いますが、今回のような個人戦では
「元気」は勿論、「吸収」も十分使えそう。

優勝商品「成功の秘訣」ゲット。


準備が極めて不十分な故に効率が悪く、大きく運に左右される。
ストレスが溜まると思いますので、マネしないで下さい。
意図しない「やり込みプレイ」。結果オーライ。

「隠し英雄の薬を、いつ・どのタイミングで使ってくれるか」
これだけですね。全く使ってくれないこともありますし。
今回は、なぜか★5つで使用することが多かったです。

狙って攻略するなら、アビリティの大幅な見直しが必要になります。

事のついでに、全NPCクリーチャーに共通した
オススメアビリティを記載してみる
太字は特にオススメor重要)

元気」「リレイズ」「攻撃力アップ」「覇弾(光弾)
必要に応じて「メテオ」(物理攻撃の効かない敵に有効)
「防御力アップ」「アレイズ」「クイックアタック」(一部キャラ)
「うちけす(デスペル)」「ヘイスガ」

特別な攻撃手段・優れた行動速度を持たないNPCクリーチャーの場合
(ヤイバル・エルマ・ルチル・ガリクなど)
「覇弾(光弾)」が攻撃の軸となる。

ATアビリティ(装備して付加されるものも含む)
絶対クリティカル」「オートヘイスト」「4属性吸収」
「隠し英雄の薬」「オートウォール」「限界突破系」「リボン」「MP消費0

※使えそうだが、実際には使い辛い「全属性攻撃・吸収」という
アビリティがあるが、覚えさせるクリーチャーと戦略次第では
かなり有効なアビリティのひとつになる。
NPCではないものの、アヤメダケに是非。


昔のエントリーでも書きましたが、私はNPCクリーチャーに
愛を注いでいますので、彼らの育成はお手の物。
以前「アニキ」復活の為に、全クリーチャーを解放するという
大きな痛手を負ったものの、今でもNPC教育に力を入れております。


コメントのお返事は、こちらの都合上、次回のエントリーにて><;


| FINAL FANTASY | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。