BARI-3-KENGAI

イラスト・ゲームレビュー・雑記。脇役敵役偏愛。名族の威光に平伏すが良い!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ULTIMATE&LEGENDARY HITS

ULTIMATE HITS FINAL FANTASY X-2 INTERNATIONAL+LAST MISSION
PlayStation2 (2007/01/25)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る


FINAL FANTASY X INTERNATIONAL

FINAL FANTASY X-2 INTERNATIONAL+LAST MISSION
(上記写真)


恒例の廉価版「ULTIMATE HITS」として、今頃発売されます。
(共に、税込2940円)

相変わらずの商売上手です。INTER版は基本的に高いので
(特に「10」は、中古でも未だに4000円以上)
一気にお求めやすくなりました。小学生のお年玉で買えてしまう。

「何となく気にはなっていたけど、スルーしてみた」

そんな貴方に最適です。
※廉価版ですので、当然特典DVDは同梱されておりません。


▼以下レビュー。
長いので、興味の無い方はスルー推奨




「10-2」に関しては、INTER版の方が断然◎です
(声優萌えの方は、日本語版を購入しましょう)
追加要素である「クリーチャー・クリエイト」万歳。
略して「クリクリ」と呼ぶ。

クリクリは、シンラ君という子供が「魔物の研究」をする目的で
作られたシステム。魔物は「クリーチャー」と呼ばれる。
「捕獲ポッド」で捕まえて、レベルを上げ、クリーチャーを解析し
解放すると「事典」に登録される。その事典を制覇すると
クリクリ専用エンディングを見ることができる。

これを見ると、本編の進捗状況に関係なく、ゲーム本編をクリア
したことになり、ゲームが終了するというオチ。
即ちクリクリを制覇すれば、本編を全く進めなくても
ゲームクリア
となる、恐るべきサブゲーム。

…とはいえ、クリクリを制覇するには、結局本編を進める
必要がある(ストーリーレベルにより、捕獲できる魔物が異なる為)

注:専用エンディングを見ると、10-2真のエンディングが
見られなくなる
ので、データのバックアップが必要。


・具体的には、こんな楽しみ方

100体を越える魔物+NPC達を、ポッドで「捕獲」することで
仲間に加えることができ(一部キャラは別条件)
従来の「yuna・rikku・paine(YRP)」固定パーティーを一蹴した
自由なパーティー編成が可能になります。
しかもドラクエ5みたいに、仲間にしたキャラは名前変更可。
好きなときに、何度でも変更できます
(注:仲間にした魔物・NPCは、プレイヤーは操作できない)

主人公(YRP)達と共に、戦闘に参加させてレベルを上げたり
アイテムを与えてST強化・技を自由に覚えさせるなど
ポケモン」や「ドラクエ5」的な楽しみ方ができる。


・魔物人生と魔物コロシアム

魔物には、それぞれ「魔物人生」なるものが存在し
各種エピソード・プチエンディングが、全モンスターに用意されている。
(捕獲した魔物の人生レベルを上げ、「解放」することで発生する)
中には、涙抜きには語れないエピソードがあったり、意外なキャラと
リンクしていることもあるから、なかなか興味深い。

クリクリには「魔物コロシアム」というトーナメントモードが搭載。
条件を満たせば、次々と新たなトーナメントが開催され、参加して
勝ち進むと、本来なら本編でしか手に入らない、レアアイテムを
大量にゲットしたり、魔物人生のレベルが上がったり
前作「10」に出てきた往年の仲間達と対戦することもできる。

アーロン・シーモア・ティーダらが敵として立ち塞がる
最終トーナメントでは、「10-2最強の裏ボス」が存在。
(正体は、ラストミッションのラスボス)


細かいトコは端折りましたが、やり込み度・お楽しみ要素満載で
本編そっちのけになります♪

これを日本語版に初めから搭載していれば、世間の酷評から
多少は逃れられ、一部理解者に救われたかもしれない。


もうひとつの追加要素「ラストミッション」は…イメージとしては
「不思議のダンジョン」シリーズです。探索型のダンジョンRPG。
設定は、本編終了後の後日談。
本編のクリアデータがあれば、各フロアにて、その「後日談」が
イベントとして発生。そして全てクリアした暁には
ラストミッション専用エンディング」が流れる。

本編をクリアしていなくても、独立したゲームとして楽しめます。
だがその場合、イベントは一切無し。頑張ってクリアしても
エンディングすら見ることができません。
オマケに難易度が高いので、本編クリア後にプレイ推奨。
尚、この「ラストミッション」のみ、なぜか日本語ヴォイスです。


一方「10」INTER版はというと、う~ん…。
英語キャプションがあるのは、英語圏の人間にとっては
GJポイントですが、追加要素が非常に乏しい印象を受けます。

新たな「裏ボス」が、どうやらウリのようですが
これまた異常に強い上に、倒してしまえばそれでオシマイ。
あっけないというか、何というか…。
しかも武器や技が弱く補正されていたり、ナイス裏技が
修正されちゃっていたり、あまりオススメはできないかも…。

日本語版からのデータ引継ぎが出来ないという点は
個人的には、かなりマイナス要素です。


低価格で過去の名作群を復刻する「LEGENDARY HITS
なるシリーズも発売され、更にはPS3で「FF13」も控えている。
PSPでは、またFF7からの派生モノが発売予定。
DSでも、確かFF12の派生モノが出るハズ。全く知りませんけど;


スクエニ商戦、見所満載。
お手並み拝見といきましょうか。


| FINAL FANTASY | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

(* ^ー゚)ノコンニチハ
らんまの再放送はもぅ終わりましたが平日の朝からしてたのでたまに家族にビデォ頼んだりしてました ε=ε=ε=ヽ(*´Д`)ノァニメでぁかりちゃんとか登場しなかったのですか?私のィメージではぁかりちゃんは「犬夜叉」のかごめって感じですね(ヾ(ヾ(*´▽`)ツ「犬夜叉」もァニメ打ち切られて結構ショック…。私もシャンプーとムースのコンビ好きですょ(*^_^*)てかシャンプーがo(´□`*)oまぁ呪泉卿仲間はみんな好きです゜+.(o´∀`o)゜+.

| 亜樹那 | 2007/01/05 21:58 | URL | ≫ EDIT

某所でのKです(笑)

漢前ザッ君は届きましたか?(これで誰だか分かって頂けたら幸い)

10-2インターの廉価版って、まだ出てなかったんですね。
時間が掛かった割りにはデータ引継ぎ無効、と。
さすが◆エニですね!

そう言えば聞いた話ですが、何やらBCが「英雄」と「SB」対応になるとかならないとか?
キノコ独占配信とか言いながら、結局領地を広げる◆エニの商売根性。
それがマジなら本当に凄いと思う。(いろんな意味で)

| シキ | 2007/01/05 23:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。