BARI-3-KENGAI

イラスト・ゲームレビュー・雑記。脇役敵役偏愛。名族の威光に平伏すが良い!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

Irvine=Kinneas



「Irvine=Kinneas(FINAL FANTASY 8)」



「FF絵キャンペーン vol.6」(もう少し継続)
ということで、今度はFF8の「アーヴァイン」を描いてみた。
(なんか8関連が多い気が…)


他の絵と同様に縮小していますが、CGっぽく描くと
激しく重くなるんだな、これが;
今後は「JPEG」も検討するか…。

今回は帽子に苦戦。かなり厚塗りしているので
相当ギットリしていると思われます。



このキャラ、今更ながら実に興味深い。
個人的には、FF8でも好きな部類に入ります。


デリングシティで「魔女」を撃てなかったのは
彼女が「ママ先生」であることを知っていたからですね。
他の孤児院連中は、G・F使用による副作用で忘れちゃって
彼だけ全て覚えていたという、この一連の流れが好きです。


女性をひたすら口説いたり、無神経な言動を繰り返す
見た目通りの軟派キャラかと思えば
本当の性格は、神経質で臆病・かつ極めて繊細な心の持ち主。

そんな自分の精神的弱さを克服するために
彼は、敢えて卒然とした行動を繰り返していたと。

その事情を知った上で、彼を観察すると
ひたすら努力している(無理しているであろう)姿や
セルフィに対する、10年強の直向きな愛情に

思わず泣けてきます(つω;`)


主人公のスコール、FF7のクラウド以上に
感情移入し易いキャラクターかもしれませんね。

こういうタイプ、現実にも結構いるんじゃないかな。


因みに彼は、17歳・身長185cmです。



ありえねぇ。


いるにはいますけども(バレー部とかバスケ部なんか特に)
見た目以上に、歳が(笑)

…キスティよりマシか(w



| FINAL FANTASY | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。