BARI-3-KENGAI

イラスト・ゲームレビュー・雑記。脇役敵役偏愛。名族の威光に平伏すが良い!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

Dragon zakura

ドラゴン桜 DVD-BOXドラゴン桜 DVD-BOX
(2005/12/22)
阿部寛長谷川京子

商品詳細を見る



私が高校生のときに、この番組が放送されていれば
また違った道を歩めたのかもしれない。


最近ネガティブでさ。
世の中っていうか、社会全体にイライラしてきてね。
理不尽なことが多すぎるんですよ、ホントに。


そんなとき、アベカン目当てで借りた「ドラゴン桜」。
放送当時は全然見てなかったし、ジャニ山下が出てる時点で
全く興味なかった。

若手ジャニタレが主演を務める場合、そのタレントが
最高にカッコイイキャラとして、都合良く描かれるからだ。
よく聞かされたよ。

確かに見ると、その通りだったし
原作と登場人物のキャラが少し違う。

でも肝心な部分はそこじゃなくて、
作品のメッセージ性にありますね。

アイロニーというかサーカズムというか
ジェイン・オースティンも真っ青な
ダイレクトすぎる社会批判が痛快です。

弱者の心理を良い方向に利用しているので
何か悩んでたりとか、落ち込んでいるときに見ると
あっさり励まされる。

夢やら希望を失いかけている大人達、
私もまさにその一人ですが
そういう社会人にこそ、オススメだね。
「このままではイカン」ってなるよ。

そして当時まだ「期待のルーキー」程度の長澤まさみや
新垣結衣、サエコ、中尾なんとかが脇役で出演しているのも
今見ると新鮮。




| 雑記 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
約20日ぶりの休みをダラダラ過ごしているノンです。

『ドラゴン桜』…リアルタイムで観てました。理由は、勿論【阿部寛が好きだから】なんですけど。
観ていくうちに、内容にのめり込んで行ったのを覚えています。
『ルールを作る側にまわれ。それができなきゃあ、文句言うな!』的な言葉が印象的でした。

それでは。社会に出ればホントに色々あると思います。色々考えて、色々行動して、時には行動しなっかたり、体調には充分気を付けて過ごして下さいね。

追伸
世間はサッカーで盛り上がってますが、キョウレさんはどーですが?
ぼくは、そこそこ盛り上がってますw

| ノン | 2010/06/26 12:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。