BARI-3-KENGAI

イラスト・ゲームレビュー・雑記。脇役敵役偏愛。名族の威光に平伏すが良い!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

金曜ロードショー「タッチ」

タッチ スタンダード・エディションタッチ スタンダード・エディション
(2006/03/24)
長澤まさみ、斉藤祥太 他

商品詳細を見る


実写版・タッチ。

昨晩テレビで放送されていたので、全部見てみました。

初めて見ました。

2年前の映画で今更アレですけど、ちょっといいですか。





あれタッチですか?


ほぼオリジナルじゃん。全体的に苦笑したよ。

最後の地区大会決勝戦で、何故に黒木先輩がいるのかと思ったら

二年目で甲子園出場をキメた設定なんですね。展開早っ!(笑

中途半端に原作を追うくらいなら、完全オリジナルでやればよかったのに。

色々おかしいから、つい記憶を疑いました。


アニワンでよく「何これ?」みたいな、原作に無い話を挟みますよね。

テンポとか、内容次第では許容範囲なんですけど

たまにイラッとくるときがあります。所謂「原作の改悪」です。

この映画は、そういうのが多かったかなぁ。



とにかく何もかもが「伝わらない」んですね。

役者の演技云々ではなくて、演出がヘボい!!!ショボい!!!

「名場面を凄まじいテンポで二時間ダイジェスト」みたいな。

感情移入できませんよ。名場面集の切り抜きなんか見せられても。

アラバスタのリメイク映画を思い出します。無理矢理二時間でまとめて

脇キャラ・多くのシーンを一斉排除&簡素化した。

細かい心理描写がないから、大した感動も生まれず、薄く感じる。


二時間程度では、そう簡単に伝わらない作品だとは思いますが

やるからには無茶してでも伝えてくれないと。


お風呂上がりに冷たいビールを飲もうとしたら、ぬるかった。冷えてなかった。

そんな気分を味わえる作品です。


原作もアニメも知らない方が見れば、普通に見れるかもね。

「長澤まさみカワイイ!!」とか「これが噂のシーンか」とか

「よくわかんないけど、爽やかでイイ話じゃん」とか。

至ってフツーの青春映画になる。


でもファンがみると (#゚Д゚)ゴルァ!! ってなるんですよぉ。


てかマンガの実写化なんて、所詮こんなモンだよね…。



良い点


・長澤まさみ、斉藤兄弟(特に慶太)が割とハマッてるかな?
・現代風にアレンジされていて、所々現実味があって面白い


目を覆う点

・総演出が最近のアニワン以下
・何から何まで飛ばしすぎ
・アニメや原作を知らないと、感動しうる箇所がわからない
(↑非ファンに対するフォローの描写が全然足りない)
・「嘘みたいだろ~」の一連のシーンを軽く流しすぎ
・黒木先輩が達也を現金で買収。教育上(・A・)イクナイ!!
・新田の性格が悪くなっている
・しかも微イケメン、そして左打ち(原作は右打ち)
・西村が登場しない(新田をヒールにしたことで削ったのか?)
・新田の妹が登場しない
・若槻千夏が新田の妹役かと思ったら、意味のないオリキャラだった
・そういえば佐々木は?
・原田のキャラがイマイチ活きていない
・西尾監督が何処にいるのか、素でわからなかった
・誰かいない
・南が最終的に帰宅部&新体操部の設定なし
・南が学園のアイドルではなく、フツーの女子高生設定
・だから野球部員全員が「浅倉!」と呼び捨てしたり、無視したり
・というわけで「南ちゃん」という呼称が浸透していない
・主役が南なのか達也なのか、よくわからない
・最後の「告白シーン」が超アッサリしてて、笑ってしまった


<その他>

・斉藤祥太と斉藤慶太の違いがわからなくて、最近困っている
(王様のブランチで必ず混乱する)




非アイドル設定ということもあるのでしょうけど

南が孝太郎とかに呼び捨てされていたのは、何気にイラついた。



良いところとしては

現代風アレンジが施されているので、新鮮に映る場面が多々みられます。

「現実じゃありえない!」ってところを、上手くカバーして今風に仕立ててますね。

南を非アイドルにしたのも、その世界観を保つためでしょう。

新田が左打ちなのも時代の流れ。孝太郎がフツーの人(外見ね)だったり

本来温和である西尾監督が、「よくいるフツーの厳しい監督」になっていたり。

新田も、原作やアニメじゃ超モテモテなイケメンキャラ(しかも良い人)ですが

作中では孝太郎同様、見事なまでにフツーの高校球児です。パッとしない。

そういうとこ、妙にリアリティ出してるなぁ、と感じます。

だから上杉兄弟(と浅倉南)が映えてくる。この構図は好きですね。

ただ皮肉なことに、そんな工夫が、ファンの目を覆う点に繋がってます。


難しいんでしょうね、こういうのって。人気マンガ(アニメ)となると余計に。

鬼太郎はよく出来てたみたいだけど。

ワンピースが実写化されたら、みんな発狂すると思う。




私がこの記事を書き終えた後、恐らく放送を見た方でしょうか

早速アマゾンのレビューに酷評がw



私じゃないですよ(笑




| 漫画・アニメ | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。