BARI-3-KENGAI

イラスト・ゲームレビュー・雑記。脇役敵役偏愛。名族の威光に平伏すが良い!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

聖闘士星矢

聖闘士星矢 冥王 ハーデス十二宮編(5) 聖闘士星矢 冥王 ハーデス十二宮編(6)



不朽の名作「聖闘士星矢」を、久々にアニメで観ました。
80年代の「週刊ジャンプ」黄金期を支えた、看板作品です。
小学生の頃に夢中になって以来、実に十数年ぶりに映像を堪能した。

私が観た「冥王ハーデス十二宮編」は、原作の続編にあたりますが
テレビアニメ化はされておらず、2003年になってから、ようやく
「OVA」として映像化されました。

そのため、80年代当時から「アニメオンリー派」だった私にとって
このハーデス編は、殆ど内容を知らないため、全く新しい新鮮な
作品として、楽しむことができました。

画像表示されている、上記5巻・6巻は、ハーデス十二宮編のなかでも
私の中で特に印象深い、心に残る内容となっております。
慟哭の三人」「アテナエクスクラメーション」は、あまりにも有名。
とはいえ、技名をいちいち叫ぶのを観ていると、流石に恥ずかしい。

私は、テレビでも放送された「聖域十二宮編(黄金聖闘士編)」が
大好きでして。シュラのゴールドクロスフィギュアを買ってもらったり。
十二宮を守る黄金聖闘士達が、とても眩しく、そして愛おしかった。

そんなかつての「黄金聖闘士」であり、聖矢達との戦いで命を落とした
デスマスク、アフロディーテ、サガ、カミュ、シュラが、教皇と共に
冥王ハーデスの手によって、冥闘士(要するに悪い人)として蘇り
かつての盟友達と対峙、アテナの首を狙う。しかし彼らの本心は…

というのが、ハーデス十二宮編の大筋ストーリー。
蟹座のデスマスクと、魚座のアフロディーテ雑魚化していて萎えた。
アルデバランが雑魚に倒されたり、サガカノンがごっちゃになって
混乱するなど「なんだかなぁ…」という部分もありましたが
通して観ると、やはり面白い。そして懐かしい。シャカ関連は泣ける。
声優陣が若干変更されているようですが、特に違和感なし。

聖闘士星矢では、2005年の「冥王ハーデス冥界編」以降より
主人公たちを含む、声優陣が一斉に総入れ替えされた。
この唐突な交代が「ファンを無視した身勝手な行為」だとして、未だ
ファンの間で問題視されている(検索すれば、すぐわかるほど過激)

その新たなキャストで制作された「冥界編」を少し観てみた。
別に違和感無い。寧ろ「瞬」は、新しい方が個人的にはしっくりくる
(瞬の声優は、私には「ベジータ」の印象が強いため、当時は忘れたが
今現在聞いていると、かなり違和感がある)

確かに、いきなり変更された為「ん?お前誰だよ?!」感は否めない。
これでしょうな、ファンの怒りを買っているのは。
話の途中・完結目前で、深い事情もなく、原作者の意向で勝手に変更され
20年近く、オリジナルキャストで続けてきたものが、一気に崩れた訳で。
私も星矢アニメを観て育ったクチ、理解できなくもないのですが…

しかし中には、亡くなられた方も多く、加齢による声質の劣化もある。
残念ではあるでしょうが、署名活動やオフ会などを通して、ある程度の
理解を制作側・原作者から得られたのであれば、時代の流れとして
歓迎はしなくとも、甘んじて新旧交代を受け入れるべきだろう。
例え観る気を失くすとしても、だ。

某猫型ロボットアニメのように、声優のみならず、番組全体が
方向性を見失い、昔の面影すら感じない、無様な姿を晒し続ける状態に
比べれば、世界観や雰囲気等、旧作から多少色褪せることはあっても
決して失われていない星矢は、まだ恵まれている方だと思うのだが。



■新旧主要声優キャスト一覧■
天馬星座(ペガサス)星矢
旧:ヤムチャ(DB)→新:ティーダ(FF10,10-2)

龍星座(ドラゴン)紫龍
旧:天津飯(DB)→新:クラウド(FF7AC)

アンドロメダ星座 瞬
旧:ベジータ(DB)→新:ワンピ映画「カラクリ~」脇役

白鳥星座(キグナス)氷河
旧:C・クロ(ワンピ)→新:甘寧(真・三國無双)

鳳凰星座(フェニックス)一輝
旧:ギニュー(DB)→新:各種ポケモン

城戸沙織/女神アテナ
旧:ルナ(セーラームーン)→新:ミスバレンタイン(ワンピ)


アニメ・ゲームキャラで例えてみたものの…
そんなに詳しくないから、よくわからん。例える意味もわからん。
特に二代目・一輝の声優に関しては、全く知りませんorz




| 漫画・アニメ | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

私的にホットな作品なので

思わずコメントをば。長文乱文御免!(笑
ブッちゃけ、リアルタイムで放送していた頃は知らないのですけども、某所の影響で三~四年ぐらい前に興味を持ちまして冥王ハーデス十二宮編をケーブルで見てました。三話ぐらいまで。(!?)
興味を持つ前は「やたら濃い絵柄」の認識程度だったのに。
私的に、双子座とマロ牡羊座が好きです。

興味を持ち始めの頃みんな同じに見えて誰が何座で何て名前だかサッパリだったので、ネット検索して調べたもんです(笑
故に原作カラーは未だに知りません。テレビ版とかなり違うらしいですね。
てか、内容もツッコミどころ満載だけど…何よりも設定年齢に無茶ありすぎ。

テレビで見たヨーダ老師の紫の皮膚金髪碧眼のインド人にビックラこきました。(禁句)
未だにキャラも主役’sと黄金’s組しか分かりません…冥王十二宮の前後の話も全く知らないダメっぷりorz
大天使達(ミカエル等)が敵役の映画版も凄く気になります。ギリシャ神話関係ねー。
因みに大天使ではラファエルが好きです(聞いてない)
ケーブルで「シリーズ一挙放送!」とかやってくれないかな。凄く見たい。

それにしても、よく漢泣きする作品ですよねー。
人気も長いみたいですし。さすがは名作と言われてるだけはあります。

最近まで原作者は女性だと思ってたら男性なんですか…。
しかも自他ともに認めるナルシストで、バスローブにワイン装備
素で出来る人らしい(笑



余談として、ACクラウドで思い出したけどFF7は今年10周年なんですってよ!奥さん!
◆エニは7シリーズにいつまでオンブにダッコしてもらうつもりかしら!

| シキ | 2007/02/11 22:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。