BARI-3-KENGAI

イラスト・ゲームレビュー・雑記。脇役敵役偏愛。名族の威光に平伏すが良い!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

LAST MISSION プレイ記録1

現在「FINAL FANTASY 10-2 INTERNATIONAL+LAST MISSION」の
追加要素のひとつ「LAST MISSION」をプレイ中です。


「LAST MISSION(ラストミッション)」とは、INTER版で追加された新要素で
FF10-2本編とは独立した「自動生成型ダンジョンRPG」です。
ヤドノキの塔」と呼ばれる遺跡の最上階(80階)を
目指して、ひたすら登っていきます。本編と違い、日本語ボイスです。

トルネコの大冒険~不思議のダンジョン」…だったかな?
あれと似たゲームだそうですが、知らないのでよくわからないorz

本編クリアデータがあれば、そのデータをロードすることで
エンディングから、3ヶ月後のエピソードとしてプレイ可能
(ロードせずプレイしたら、面白味激減、悲しさ倍増)

ダンジョン系RPGは正直苦手で、ラストダンジョン攻略サイトも
非常に少ないため、暗中模索で戸惑いながらも
限られた時間のなか、開始3日、RETRY・0で40階まで到達できました♪

初挑戦時(塔へ初めて入る際)に、ユウナ・リュック・パインの中から
一人を選択するのですが、一番難易度が高い「パイン」を選んでしまい
序盤から、かなり苦しい展開になりました(つω;`)
攻略に必須とされる「回復系装備&アイテム」が殆ど手に入らず
手段が限られるため、あれこれ試行錯誤しながら進めていきました。

25階辺りで、重要回復系ドレス(装備)「白魔導士」をようやくゲッツ。
35階辺りで、ドレス「歌姫」ゲッツ、歌姫のアビリティ「キャラチェンジ」で
ユウナにキャラ変更することに成功。これでグッと楽になりました。

全キャラ能力に差はないのですが、使用できるアビリティ(技)は
パインより、ユウナの方が初心者向きで、割と使いやすい。
アイテムが全てを左右する、と言っても過言ではないゲームで
「調教士」の「穴掘り」は、リスクも少なくかなり重宝します。

10階クリアするごとに、イベントが発生するのですが
やっぱり日本語ボイスは良いなぁ。だって、日本人だもの。
普段から、INTER版で英語ボイスばかり耳にしているので、彼女たちの
日本語による台詞が、とても新鮮で、心地良く聞こえます。

本編終了後、それぞれ別の道を歩み始めた三人。
仲間とは何か、そして思い出とは何なのか。
「自分達の力で最上階へ辿り着けば、何かが見える」
という一通の手紙に導かれ、再会を果たした彼女達は
己の道を確認するため、「ヤドノキの塔」の頂上へと向かう。

ラストミッションのテーマは「卒業」。
FF10,10-2と続いた「10シリーズ」真のフィナーレを迎えることになる。

プレイ前は、正直期待していませんでしたが、実際に遊んでみると
ゲーム部分は新鮮で、ストーリー面も、何気に奥深いメッセージが
込められているようです。

…それにしても、発売から3年近くも経っているのに
今頃になって、ガッツリ嵌るとは思わなかった。


■現在のステータス

40階、LV31(ユウナ)
ベースドレス:魔銃士LV7
サポートドレス:ダークナイト、お祭り士、シーフ、バーサーカー
アクセサリ:満ちる月の石、リストバンド

・ドレスは状況に応じて、「戦士」(主にボス戦)「調教士」(穴掘り)
白魔導士」(回復)「アイテムシューター」(BOM処理)などを使用
・「お祭り士」のアビリティ「ねずみ花火」は、雑魚戦で大活躍



▼以下、コメントお返事▼








>シャルさん

個人的にも非常に残念でしたorz
カリファ最終回と予告で知りながら、予約録画さえも忘れるとは
なんたる不覚!
この悔しさをバネに、またアニワンレビュー書くぞー(*≧皿≦)ーっ!

前々回の作画は、かなりハイクオリティーでしたけど
週ごとにムラがあって、動きも少なく躍動感が無かったりと
アタリとハズレの差が大きいですね。特にカリファの崩れが酷い(泣
そういった意味では、観れなくて良かったかもしれない(?)

次週のアニワンは、どうやら
逆セクハラを受けて、元気になった「狩人」が登場する回ですね。
CP9・?3のジャブラが、あっけなく倒されてしまう(つω;`)
アニワンでは、ジャブラの指銃は飛ぶので(笑)、プロのアサシン狼が
どこまで意地を見せるか、どう処理されるのか、演出面に期待。


>ノンさん

おぉ、カシオスとロス兄を思い出したっ…(ノД`)

ヒルルクの桜…あれに魅せられた方、多いでしょうね。

アニメでも相当数の方々が感動したらしく、普段アニメを観ない
年配層にまで影響を与えたという、ワンピ史上トップクラスと評される
不朽の名場面ですもんねぇ。今でも思い出すと、結構来ます(つД`)

しかしながら私は、アニメでヒルルク編を観た事がありません(汗)

最近「何かに感動して泣く」ってことが、ぜんっっっ然ないですし
良い機会なので、今度レンタルショップで借りてこようかな?
そして、私もガッツリ泣きたいと思います(笑)




| FINAL FANTASY | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。