BARI-3-KENGAI

イラスト・ゲームレビュー・雑記。脇役敵役偏愛。名族の威光に平伏すが良い!

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

いってみようか

うっとうしいんだよ!!


三国武将より、凌統。

阿国さんとの掛け合いが好きです。相思相愛ですな。


もの凄く久しぶりに、お絵かきソフトを起動した訳ですよ。

なんで、細かいトコは見逃してください(ノД`)

彼はもっとカコイイ男です。私の画力が足りないだけです。



今も時間を見つけては、無双オロチをプレイ中。

面白そうな台詞の掛け合いを探してみたり。

たまに難易度「難しい」で、第4武器を取りにいく最中

敵大将達にワッショイされて敗走しますが(笑)



気分転換に、私の好きな合戦のひとつ

戦国ストーリー「九州の戦い」へ赴きました。

敵将は、張角・小喬・阿国・島左近。

援軍で直江兼続が来ます。ゴチャゴチャ喋ってるだけですが。

以下、主なイベントのやり取り。




左近「さて、俺の軍略で信長を追っ払いますか。まずは…」


張角「黄天の奇跡が汝を退けん、ゆけぃ張梁!!」
左近「…あ~あ、早くも単独攻撃か 先が思いやられるね…」


張角「天の力が我にみなぎるぅ たぁぁぁっ!!」→妖術で間水泉噴出
左近「やってくれますねぇ 味方まで分断しちまうなんて…」


阿国「左近様は、じっとしときや言うてましたけど
うち、辛抱苦手どす…ええ男探しにいきますえ!」
左近「本気で突入したら、釣り野伏にならんでしょう…」


小喬「左近さんは難しく考えすぎなんだよなぁ。
本陣取っちゃえば勝ちでしょ はい、出発!」
左近「どう考えても好機じゃないんだが…」


小喬「石でもくらえ~!ウソ?味方にも当たっちゃってる?」
左近「だから俺の合図を待てって…」


左近「誰も思惑通り動いちゃくれないか…」

(メンバーに石田三成)
三成「左近、ずいぶんと面白い仲間を見つけたものだな」
左近「ええ、面白すぎて泣けてきますよ」






敵なのに同情してしまいました。

苦笑しながら泣きそうな顔でボヤいているので、余計面白い不憫。

良い味したキャラクターだ。



スポンサーサイト

| その他GAME | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

チーム編成

相変わらず気持ち悪い

最後のオロチを出して、ようやく全てのキャラクターを

使えるようになりました。

出現条件を満たすのに一番苦労したのは

忠勝でも呂布でもオロチでもなく、結局は濃姫というオチ。



この手のゲームは、全キャラ出してからが本番。

全武将を出せたので、色々とメンバー構築してみた。






昼ドラ

チーム・真珠夫人:甄姫、濃姫、月英


敵総大将が男なら、恐れをなして逃げるに違いない。
超女王様気質な濃姫がいるので、チームワークは最低だが
三人の思惑が一致したら、おそらく誰にも負けない。
月英の代わりに妲己を入れたら、確か再臨なら合体技発動。

甄姫のアーツ1(胸倉掴んで往復ビンタ)が大好き。
あれで曹丕を倒すと爽快。





BASARA

チーム・BASARA:伊達政宗、真田幸村、前田慶次


映像化記念、BASARA主人公ズ。
最後までオロチ万歳の独眼竜と慶次は、ある意味で存在感抜群。
慶次はオロチと「自称」友達だが、ラストら辺を見る限り
結局は利用されているのか、友達がいないのか。





違和感なし

チーム・人間になりたい:遠呂智、風魔小太郎、妲己


馴染みすぎ。





死角なし

チーム・男ウケ:星彩、市、甄姫


ツンデレ・萌え・セクシー・人妻等、男性が好むであろう広範囲をカバー。
市→大喬・小喬、甄姫→貂蝉or濃姫、星彩→立花 でも代用可。





11月1日放映

チーム・レッドクリフ:周瑜、諸葛亮、曹操


映画版三国志にて、魏呉蜀の主役である三人組で構成。
孔明と曹操は兎も角、周瑜の影の薄さは侮れない。
呉ストーリーは孫ファミリーと蘭丸がメインで、余計に出番が無い。





義と義が集えば、何を恐れるものがあろう!!

チーム・義馬鹿:馬超、浅井長政、直江兼続


朝から晩まで、愛と仁義について語り合う会。
光栄公式、言わずと知れた「義レンジャイ」!!
馬超は隠しキャラ扱いのため、ストーリーに絡まない。
このチームを堪能したければ、魔王再臨を購入しましょう。





ダンディハウス

チーム・ダンディズム:島左近、劉備、夏侯惇


劉備は蜀の最終章で仲間になる。キーパーソンなのに空気。
三国5では凄いモブ顔。魔王再臨では主役級らしいが。
左近は「九州の戦い」で本領発揮。不憫すぎて笑える。





Air

チーム・空気:太史慈、龐徳、魏延(徐晃でも)


空気といえば、太史慈さんを忘れてはならない。
呉において孫ファミリーの影に隠れ、人気でも甘寧と凌統に及ばず
無口で滅多に喋らない周泰にも、存在感で完敗。
とても良い人で、個人的には好きなキャラ。もっと評価されるべき。

龐徳は、マスコットガール星彩、イケメン姜維らと共に
三国無双5でリストラされる。オロチでも隠しキャラ扱いで微妙。





新入社員

チーム・新入社員:森蘭丸、陸遜、関平


一年目の営業マンっぽい、若々しい爽やか編成。取引先の女性歓喜。
火計がお家芸の陸遜は、現代風にいうと放火魔ですがキニシナイ。
蘭丸と関平のモーションが一部被ってますが、強いのでキニシナイ。





ナイトキング

チーム・夜王:石田三成、曹丕、雑賀孫市


袁煕から甄姫を略奪したものの、後にウザくなり殺害した曹丕。
オロチ外伝章で、貂蝉をさり気なく口説かんとした三成。
独身の星彩から人妻の祝融まで、まるで節操のない孫市。
そんな女性を癒す情熱ホスト達の、愛と正義の物語である。








こんなどうでもいいこと考えているときが、一番楽しいわけですよ。

人数多くて個性を把握するのが大変ですが。

なんとか理解できる程度だけど、三国の歴史もなかなか面白い。



強さ的な意味でいえば、蘭丸が安定してます。

最初は非常に使いにくいけども、レベルが上がるとオロチ瞬殺。

しかもハイパーアーマー付きで、ひるまない。蘭丸神。

貂蝉も良い。さすがスライディング女王。

属性に氷とか神速つけたら、手がつけられない。



このゲーム、難易度「普通」までなら楽なんだけど

「難しい」以上が半端ない!!

Lv99まで育てた凌統で特攻したら、顔無し武将の攻撃3回で敗走。

「激難」にしてみると、雑魚兵に開始27秒で瞬殺されました。

どうやら難易度を上げると、敵の攻撃力がメチャクチャ増大するそうで

こちらの耐久はペラペラの紙同然(魔王再臨で改善されたらしい)

「第4武器」という各キャラ最強の武器が、難易度「難しい」以上でないと

Getできないとか、初心者にはキツイっての!!





▼コメントレス

≫ Read More

| その他GAME | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

無双OROCHI

無双OROCHI(通常版)無双OROCHI(通常版)
(2007/03/21)
PlayStation2

商品詳細を見る



買ってしまいました


戦国無双でも良かったのですが

先日間違って購入した三国無双にハマってしまい

どうせなら三国のキャラがいた方がいいなぁ、ということで

戦国&三国キャラの共演作・オロチを中古で購入。

武将は多い方が楽しみも広がるでしょうし。



■所感

まだ買ったばかりですが、とりあえずプレイして思ったのは…

・十字キーが使えない(移動はアナログスティック)
・視点の切り替えが、右スティックで自由自在に!!
・爽快感抜群!!三国無双4が嘘のよう。
・砦が合戦マップに表示されないステージがある
・セレクトボタンで馬が呼べる。移動が楽になった
・経験値をストックできる。戦場に出ていない武将のレベル上げが可能
・3人タッグがアツい
・戦場BGMがトランス・ユーロビート調
・戦国、三国合わせて79人の武将が使える
・戦国、三国キャラ同士の時空を越えた会話が楽しい
・超マイナー武将から有名武将まで、モブでたくさん出る
・ナレーターがデスマスクの人。懐かしいです
・ロードが長い
オロチ気持ち悪い
・風魔小太郎が怖い
・女同士の戦い(甄姫VS濃姫)が怖い
・浅井夫婦が滅多に喋らない
・市が撃破されても、長政無視
・蘭丸が信長を無視
・遊べるモードが少ない





こんなカンジですか。

難易度がある程度調整されたのか、快適に楽しめます。

コンボも繋がり易くなりました。

雑魚兵が三国4に比べ弱体化(難易度:普通まで)。

ワラワラ湧いてくる雑魚を一掃する爽快感あり。





3人でゴー


今作は全ステージ、武将3人でタッグを組んで出陣します。

戦場で自由に交代できるので、全滅の確率も下がりました。

何より、自分の好きな武将を選んで特攻できるのがイイ!!

三国キャラでは凌統が大好きなので、大体メンツに入れてます。

呉勢力に好きな武将が多い気がする。次いで蜀。

メンバーを組みかえることで、台詞の掛け合いが稀に変わる。

まだ全武将出してないので、今後地道に攻略していこうかなと。





の!


■キャラクターの出現条件

基本的にストーリーをクリアすれば武将は揃うのですが

中には条件がシビアなキャラもいます。

今まで出した中で、しんどかったのは


甄姫(三国)…10分以内に妖術兵長を全滅かつ、甄姫を先導して
曹丕の幻影を出現させ、会話を全部聞いてから幻影を倒す。
敵将の風魔小太郎が妖術でジャマしてくるため、先導が困難。

今川義元(戦国)…工作部隊を一人も陣地に入れず、火計を阻止する。
工作部隊があちこちから湧いてくるので、テンパります。

濃姫(戦国)…伝令を全滅させてクリアする。
伝令を一人でも画面外に逃したらアウト。義元より難しかった。


攻略サイトを見ながらプレイしたけど、凄まじい作業感。

まだ出してない忠勝とか呂布とか、条件をみる限り

かなり面倒くさい…。





■浅井軍

買って真っ先にやったのは、魏のストーリーモードです。

目的は、浅井長政を出すため。

(浅井夫婦の出現条件:魏のストーリーモードをクリアする)

反オロチ勢力として、何故か甘寧と一緒に陣を築いています。

ストーリー後半から仲間になるため、活躍の場は少ない。

しかも、他キャラとの台詞の掛け合いが殆ど無い。泣けてきます。



無双版の市は、初代戦国無双に出てきたので知ってますが

長政は当時NPCだったこともあって、よく知らない。

噂じゃイケメンらしいが、本当ですかねぇ。










刮目すべし

何というイケメン




これなんて■エニ?と突っ込まざるをえない。

写真だけみると、バラム・ガーデンにいそう。






某が浅井長政だっ!!

明智光秀「なんと美しい…」



光秀(写真右)の脱力気味な表情が素敵です。

そういえば石田三成も、新宿のホストっぽい風貌で同系統。

しかし乱世に金髪て。どこまで美を追求する気だ。


長政の性格は、落ち着いていて、ややクールな印象。

残念ながらツンデレではない。

愛と信義を貫く、美男子主人公タイプ。

なんかフツーだな…って、これが当たり前なのか(笑

プレイヤーキャラとしては、やや使いづらい。

普段は重装備で、イメージに反してパワータイプ。

武器は確か西洋槍。




市は普通に可愛いです。妙な萌え属性も消えてます。

敢えて言うなら、初代に比べて言動が大人びているのに

相変わらず武器に剣玉ってのがちょっと…。

そんなに強くありませんが、育てれば十分主力級になる。

もっと喋ってほしかったな…。




スチル


■やり込み

モードは、フリーモードとストーリーモードしかありません。

武将が多いため、レベルを99まで上げたり

武器を融合して強くしたり、やることはあるにはありますが

正直すぐに飽きるだろうなぁ、という作りです。

お楽しみ要素に近いモードは、完全に省かれています。

やり込みといえば、壁紙集めくらい。

壁紙はキャラ全員にあって、条件を満たすと増えていきます。

それを、モードセレクト画面に設定できたりする。

79人×4~8枚。コンプリート無理。




■総括

ストーリーに説明不足な点がある(続編買えってこと?)

それでも、思っていた以上に楽しい!!

ストーリークリアしたら、壁紙集めとレベル上げくらいしか

やることありませんが、サクッと楽しむ分には申し分無し。

戦国+三国という「お得感」もあるので、買って損はないかと。

キャラが多い分、全体的に薄く感じるのは仕方ない。

信長と蘭丸の掛け合いが無くても泣かない。

浅井夫婦が完全空気でも泣かない。


そういや、戦国無双2猛将伝で出てきた利家と長宗我部軍は

モブ武将(雑魚兵)です。佐々木小次郎と柴田勝家に関しては

歴史上いなかったことにされてます。




▼コメントレス

≫ Read More

| その他GAME | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

立志モード

10/1放送のNHK「そのとき歴史が動いた」は、浅井長政特集でした。

まったく信長って人は…苛烈、苛烈w

来週は「43分でわかる三国志」だそうです。

個人的にタイムリーすぎる(笑






さて、戦国無双と間違えて三国無双を買ってしまった訳ですが


意外と面白い


確かに難しいし、予備知識ないので厳しいが

ようやく操作に慣れてきて、かなり楽しめるようになった。

次に一体何をして、これからどうするのか、よく考えてから

行動を起こさないといけないので、戦略性が問われる。

最初は「何これメンドクサイ」と思いましたが

ボタン連打の力押しプレイよりも、頭を使った方が楽に勝てると知った。

BASARAのノリでプレイしていると、もれなくフルボッコにされる。




副将が最終階級



特にオリジナル武将を育てる「立志モード」が面白い!!

なんとかクリアできるようになりました。


自分の選んだ上司(上官)と共に、ミッションを攻略していきます。

戦場での活躍次第では、敵軍武将に認められて

ヘッドハンティングの密書が届いたり

敵勢力に仕官して、後に寝返る「埋伏の計」が発生したりと

カンタンに飽きがこないようになっています。

更に条件を満たすと、エディットモードで使える衣装が増えたりします。

全ステージクリアすれば、オリジナル武将として登録可能。




エディットは10名まで

キャラを作成して、まず誰に仕官するのかを選ぶ。

魏・呉・蜀に所属する武将から選ぶのですが

40人以上(他勢力除く)いるので、誰にするか迷います。

ダンディな武将が多いです。三国のオッサン最高。

所属勢力によって難易度が違う(蜀が一番キツい)っぽい。

でも他軍から引き抜かれたり、裏切ったりすれば

途中から勢力が変わるので、あまり関係ないといえば関係ないかも。




太史慈

ステージクリア後、武力・知略評価、貢献度などにより

上官に褒められたり、叱られたりする。ツンデレキャラ多数。

貢献度が高いと、階級が上がります(副将まで)。





曹丕

上官に見合った活躍を残すと、新しい武器やスキルが貰えたりします。

どうでもいいけど、曹丕の声どっかで聞いたことがあると思ったら

水瓶座の人(冥王ハーデス十二宮編以降)でした。

氷で敵を凍らせるとか、まさにわが師じゃないか!!懐かしい。










登録されたエディットキャラデータは、他のモードとも連動していて

修羅モード」(自動生成されるシナリオを、ひたすら勝ち抜くRPG風モード)で

敵武将として出現したり、同盟を結んで共闘できることがある。

先日「キョウレ」っていう自分で作ったキャラと、初めて戦ったんだが

ボコボコにされました(笑






もう少しだけ楽しめそうだ。

そして来週も「そのとき歴史が動いた」を見ます(*´Д`*)





▼コメントレス

≫ Read More

| 三国無双 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。