BARI-3-KENGAI

イラスト・ゲームレビュー・雑記。脇役敵役偏愛。名族の威光に平伏すが良い!

PREV | PAGE-SELECT |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

聖闘士星矢 -黄金魂 soul of gold-

ハーデス編で嘆きの壁を破壊した後に消滅した黄金聖闘士が
復活してメイン張ってるアニメを最近知りまして。
こないだ一通り最新話まで見たんですが…

聖闘士星矢 -黄金魂 soul of gold-(1話と最新話無料)



蟹座と魚座カッコよすぎワロタ



afo1501.jpg




oi おい!魚がちゃんと正義してるぞ!



さほど期待してなかったのですが
4話は私の消えかけた小宇宙を再燃するには十分すぎた。

魚は早期退場(捕縛)が無念でしたが
今までみたいな情けない退場ではなく、かなり胸熱な描写だった。

蟹さんも無印見てたらつい反応してしまう台詞が節々にあったり
かつて見捨てられたキャンサーのクロスが戻ってきたりする。

昔はひたすら小物扱いだった魚介類が…感慨深いですな。


本編の敵は星矢達ブロンズに負けたアスガルドの神闘士ですが
ホームの利とチート級ドーピング(ユグドラシル)のおかげで
黄金聖闘士と互角以上になっているご都合主義設定。

で、黄金がゴッドクロス覚醒で逆境を突破するベタな展開な訳ですが
だが、それがいい!そういうベタな展開が星矢です。




現在の黄金聖闘士状況(150524現在)

牡羊座→安心と信頼の庇護のもと、情報収集
牡牛座→プチ覚醒し、神闘士を撤退させる
双子座(兄)→蠍のピンチに登場、敵がビビる、挨拶代りにGE
蟹座→見捨てられたクロスが復活、別件で覚醒
獅子座→主人公設定、割と落ち着いた脳筋スタイル
乙女座→瞑想スタイル
射手座→亡霊スタイル
蠍座→獅子以上に安定した脳筋スタイル
天秤座→達観した脳筋スタイル
山羊座→予告を見る限り敵っぽい感じで登場予定
水瓶座→後付的な理由で神闘士側に寝返り中
魚座→裏で暗躍しユグドラシルの情報を伝え神闘士を圧倒するが、
運悪くラスボス級と対峙、クロス貫通で黄金最初の退場者

※双子座(弟)は未登場



今後ちょっと楽しみが増えた。

スポンサーサイト

| 漫画・アニメ | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

東京喰種:re

▼念のためネタバレ回避


≫ Read More

| 漫画・アニメ | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

東京喰種 最終回

※今後コメントのお返事は、コメント欄にて行います


yjss.jpg


これはアカン


ワンピース以外で、久々にハマる漫画を見つけたと思って
コミックス全巻買って、アニメ見て、
毎週YJを楽しみにしていた矢先にこれだよ!

伏線まき散らしたまま終わっちゃったよ!
アニメも中途半端に終わっちゃったよ!

ちくしょうめ!



▼以下、ネタバレ


≫ Read More

| 漫画・アニメ | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

MUGEN




今更ながら、MUGENのポップ見てちと感動。
メドローア演出が神。
やっぱりダイ大冒険はいいなぁ。

ゲームやらOVAやら、公式で何か出して欲しいものですが
どうやら大人の事情があるようだ。

| 漫画・アニメ | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

東京喰種


東京喰種 7 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種 7 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/04/19)
石田 スイ

商品詳細を見る


最近メチャクチャハマってる漫画。

漫画はワンピース以外、ほとんど読んでいなくて
ネットで適当にNAVERまとめを漁ってたら、たまたま
東京喰種特集が出てきたので試し読みしてみたら、面白かった。


↓NAVERまとめ
☆「東京喰種」がメチャクチャ面白いので紹介してみた☆


あらすじと内容は上記リンクに譲る。
人間と喰種(見た目は一緒)が生存する東京。
続きが気になる濃厚なストーリーが何とも滾りますな。


ワンピースのように壮大な規模となってしまうと、
どうしても展開が間延びしてしまうが
ダラダラせずスピード感があるので、読んでいて飽きないね。


ま、ジャンルが特殊なので万人受けするものではありませんが
私個人は元々こういう類は好きなので問題はなかった。


絵柄が初期の頃は「進撃の巨人か?」(あまり好きな絵柄じゃなかった)
と訝しげに見ていましたが、最近は表紙絵にあるようにスタイリッシュで
特に気にならなくなった。


特筆すべきは、巻末に四コマ漫画があるんですが
これが秀逸でして。

本編の、例えば嫌な奴とか、目立たない脇役とか、胸糞悪い展開とか
それらを補完するかのように、良い感じでギャグに変えてしまう。

コイツが良いクッションになるというか救われるというか、
ある種のカタルシスすら得られて、寧ろ好きになる。
読者の掴み方が上手いですね。

公式学園パロディ等作者のお遊びも充実。
※上記の学園パロディが、巻末四コマ漫画のテイストである




■魅力的な登場人物たち

ある話を境に、途中から主人公の存在感が恐ろしいことになりますが
脇役もかなりパネェっす。以下私の好きなキャラを。




月山さん

月山さん:変態。真のヒロイン。





トウカちゃん

トーカちゃ:表のヒロイン。キングオブツンデレ。




リゼさん

リゼさん:読者に最大のインパクトを与えるキーパーソン。大食い。




ヨモさん

ヨモさん:安心と信頼の寡黙なイケメン。CV中村悠一。



ウタさん

ウタさん:ヨモさんの旧友。ふわふわしている。



13

鈴屋什造:♂ ある意味グールよりブッ飛んでいる捜査官。覚醒の予感。




有馬さん

有馬さん:レジェンド捜査官。本編には殆ど出てこないのだが…


\ジャーンジャーンジャーン/

げぇっ 有馬!!





他にもバンジョイさんとか魔猿さんとかストパーさんとか
とにかく魅力ある人物が多すぎて困る。


あらすじ見て気になったら、だまされたと思って試し読みオススメ。
多少耐性は必要だが、別にそこまで大したことはない。

ヒナミちゃんの食事シーンだけ、初見少しビビったけどな!(笑)


| 漫画・アニメ | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。